大学は、学生らが将来何をしたいのかすべきなのか目的を定め、未来に向かって有意義な学生生活を送ってもらいたい、もっと自分の学力(実力)を知り、自主的に学修して卒業時の学士力や就業力等を高めてもらいたいと願っています。

 社会は、学士課程教育において「学生のための教育改革」「教員の質を変える教育改革」への本格的な転換を求めています。「教育の質的転換への好循環」を確立させるためには、教員や職員の手間を極端に増やさずに運用できるICTツールを全面的あるいは部分的に導入するのが良いでしょう。ICTの便利な機能を充分に使ったeラーニングは個々人に応じた学修を可能にします。

  • eラーニングをもっと活用したい大学
  • eラーニングを使いたいけどICT活用に強くない大学
 大学eラーニング協議会の会員校は、条件を満たせば、このサイトで紹介する教材等を利用することができるようになります。

詳しくは、 ≪大学eラーニング協議会事務局≫ までお問い合わせください。